生前贈与


jyosei0001.jpg

ここでは、生前贈与について詳細に説明していきます。

生前贈与とは被相続人が死亡する前に相続人等に財産を渡すことで、相続税対策の一つとして行われることが多いです。

将来発生する相続税を節税する
効果があります。

しかしながら、生前贈与の場合は
相続税の代わりに税率が高い贈与税がかかりますので、さまざまな特例を上手に活用しながら行うこととなります。事前にきちんと理解をして検討なさってください。

そこで生前贈与を行う前に理解を深めておきましょう。

生前贈与とは


生前贈与とは、被相続人が死亡する前に自分の財産を人に分け与える行為です。これによって、相続税を節税することもできます。

ただし、注意点がいくつかありますので、事前に理解しておきましょう。 

暦年贈与と連年贈与


生前における相続税節税は、暦年贈与や連年贈与が効果的です。

年110万円の基礎控除額を上手に活用すれば相続税を下げることができますが、活用方法が計画的であると受けとられると生前贈与の特例が認められない場合があります。

そうならないために暦年贈与と連年贈与について理解しておきましょう。

相続時精算課税とは


親から子への贈与をスムーズにするようにという目的でつくられた制度です。

相続時精算課税制度を用いると、特定の条件下で2500万円まで贈与税がかからなくなります。

ただし、制度を適用するとできなくなることもありますので、確認が必要です。

生前に贈与をした場合には贈与税が軽減しますが、その代わりに相続時には贈与された財産と相続された財産を足した額に相続税がかかるという制度で、活用した方が得か、活用しない方が得かは判断が分かれるケースが多いです。

上記についての判断は、専門家でないと難しい部分も多いため、是非当センターのワンコイン相談を受けてみましょう。


生前贈与に関するページはこちら


生前贈与とは


連年贈与認定


相続時精算課税とは



ImgTop28.jpg

事務所に関する詳しい情報こちらをご覧ください! 

matusima-egao0004.png

事務所紹介

 

相続手続サポート料金

 

アクセス

スタッフ紹介

 

相続税申告のサポート料金

 

代表あいさつ